×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国際通りの地図・居酒屋・駐車場・ホテル

国際通り(沖縄県那覇市)には色々なお店が集まっています。沖縄料理をお腹いっぱい食べるもよし。お気に入りの居酒屋を探すも良し。国際通りを訪れる方に、より良いサービスの提供を目指し、国際通りには2005年、145店舗の「推奨店」が生まれました。駐車場は、地図上で斜め東西に伸びた国際通りの西側、県庁前広場の地下に建設された「県民広場地下駐車場」が便利です。国際通りのホテル:ホテルロイヤルオリオン・ホテル山の内・ホテルニューおきなわ・オーガストイン久茂地・カプセルイン沖縄・ホテルオーシャン・ホテル国際プラザ・シーサーイン那覇・南西観光ホテル。国際通りの居酒屋:能登の海・海援隊沖縄 パルコ店・うちなー村・うちなー居酒屋じんじん・なか家 安里店・酒豪・クラフトビアパブヘリオス・ゆんたく屋・和の市・あんまー家・百甕。グルメにおすすめ

国際通りの歴史

国際通り(沖縄県那覇市)は、繁華街であったが、地域の繁華街としての役割は次第に周辺へ移行し、大型ショッピングセンターは駐車場を確保できる郊外に、生活に密着した店舗はその裏通りにある平和通りやその周辺に移行した。国際通りの方は、その名が著名になるにつれ、観光客が増え、観光客向けの施設(居酒屋・駐車場・ホテル・沖縄料理店)が増加。那覇新都心など周辺地域の開発もあり、現在では沿線事業者の大部分は土産物店や有名飲食店、ホテルなどであり、ほとんどが観光客向けの通りの様相を呈している。国際通り(沖縄県那覇市)の名前の由来は米軍によって当時の中心地が接収されてしまい、行き場を失った人々が集まり自然発生的に闇市が興った。そこから目覚しい発展を遂げる。「国際通り」という名称は、かつてアーニー・パイル国際劇場という映画館が通り沿いにあったことに由来する。

国際通りの観光ガイド

国際通り(沖縄)の観光ガイド・首里城公園:約450年間にわたって沖縄を統治してきた琉球王国。その首里城がほぼ完全な形で復元されており、沖縄最大の観光施設です。※入園料無料・正殿エリア800円/9:00〜17:30(3〜11月18:00まで)・福州園:中国福建省福州市と那覇市の友好都市締結10周年と市政70周年を記念して造られた中国式庭園。石造彫刻を施した照壁、滝が流れる冶山(やさん)の頂上から園内が一望できます。中国とのゆかりの深い場所です。※入園料無料/9:00〜18:00/水曜休園・波之上ビーチ/護国寺/小桜の塔/波之上宮/旭ガ丘公園:珊瑚礁の丘で那覇港に面しているビーチ、古い建築物、眺望抜群の公園などが楽しめ、観光スポットとしても人気です。・水中観光船なは:泊港から出ている水中観光船で船内の窓から珊瑚礁や熱帯魚が楽しめます。※乗船料3000円/9:00〜16:00・那覇市伝統工芸館:那覇の伝統工芸の実演など。※入館料300円/9:00〜18:00/火曜休館(お土産もあります)

Copyright © 2007 国際通り沖縄(那覇)の地図など